店名の由来

Chouetteはフランス語で、“梟(フクロウ)”という意味です。

 

フクロウは、日本において昔から

「不苦労」→苦労しない、難を逃れる。

「福来郎、福籠」→福が訪れる。

「福老、富来老」→豊かに年をとる。

「福路」→旅の安全、人生の幸福。などの読み方で、幸福を招くと言われています。

 

京都、滋賀など地元のお客様とは共に豊かで苦労無く年をとって人生を歩んでいきたい、 出張や旅行で、いらっしゃったお客様には旅の安全を願い、 店名を「シュエット(ふくろう)」と縁起の良い店名にしました。

 

お客様の元へ、フクロウの力を借りて「癒し」と「福」をお届け致します!